fcb.portal.reset.password

スアレス、ネイマール、メッシ / Miguel Ruiz FCB

リーグで12得点を決め、ゴールランキング2位のスアレス / MIGUEL RUIZ-FCB

バルサは現在、絶好調だ。リーグ戦では単独首位、チャンピオンズリーグでは16強進出を決め、最後の約束、国王杯ではビジャノベンセを前にゴールラッシュで、国王杯進出を決めた (6-1)。現在までの6試合で26得点2失点と攻守ともに強さを見せているが、今回、再び、リーグ戦での首位固めをメスタージャで行ないたい考えだ。バルサは、多くの変化があり、現在、9位だが、勝ち点を加える必要性にかられているバレンシアと対戦する。

ヌノがベンチから退くことになり、ゲリー・ネビルを新監督として迎えたばかりのバレンシアは、ルイス・エンリケにどういったライバルとぶつかることになるのか、という疑問を提示することになった。今日の試合では、チームマネージャーのサルバドル・ゴンサレス‘ボロ’が、指揮をとることになる。ルイス・エンリケは、バレンシアを「リーグの中でも最もクオリティのあるチームの一つ」と考えており、気を引き締めている。

このメスタージャでの試合に18人の選手をルイス・エンリケは、召集。セルジ・ロベルト、マテューは負傷から回復せずに欠場する。一方のバレンシアも多くの負傷欠場を抱えており、ネグレド、オルバン、アンドレ・ゴメス、フェジョウリ、バラがン、アウベス、ロドリゴ、ムスタフィに加え、累積処分のため、カンセロ、ハビ・フエゴが欠場する。

セビージャでの黒星のあと、国王杯ではバラカルドを前に勝利をあげたものの、チームは今週の土曜日、最近の23試合中1試合しか負けていないホームで、サポーターと共に、バルサを迎える。最後にメスタージャで負けたのは、約1年前、バルサを前に、試合終了間際にエリア外から放ったセルヒオ・ブスケッツのシュートで、バルサが勝ち点3を手にした時だった。また、バレンシアは、リーグにおいて今季、最も失点が少ないチームだ(最近6試合で失点2)。

順位表を睨みつつ

バルサは、14節目をアトレティコから4、レアルマドリードから勝ち点6点差で、単独首位で迎える。その両者は、それぞれ、グラナダ、ヘタフェと戦うが、メスタージャでの試合前にその両者の結果は出ている流れになる。結果次第で、また、更に順位表で勝ち点差を伸ばすことが可能になる。

上に戻る