fcb.portal.reset.password

バルサで100試合出場を迎えたネイマールJr/ FCB

ネイマールJrは2013年5月26日にFCバルセロナに加入した。2年半が経過したあと、選手はセビージャ戦でバルサのユニホームを来て100試合に出場。内訳はリーガ65、チャンピオンズ24、国王杯9、スペインスーパーカップ2となっている。

ネイマールは21歳当時にバルサで公式戦デビューした(2013/14季の開幕、レバンテ戦7−0)。以降絶え間ない成長を続け、アスルグラナの成功のカギであり続けてきた。ブラジル人フォワードはFCバルセロナでのプレーするなか、すべての公式戦を通した勝率は約74%となっている。

ネイマール JRが出場した100試合の結果
勝利 74
引き分け 11
敗戦 15
出場時間 7669
先発出場 87
途中出場 13

勝率は高く、得点能力の高さも特筆的。すべての大会を通して得点は58(カンプ・ノウで33、敵地で23、中立地で2)。平均得点は2試合に1ゴール以上となっている(0,57)。以上58点のうち11メートルからの得点はわずかに3。FCバルセロナに加入してからブラジル人選手はドブレテ9回、ハットトリックは2回達成している。

ネイマール JRの得点
エリア外からのシュート 5
エリア内のシュート 53
右足 44
左足 8
ヘッド 6

ブラジル人選手はアスルグラナ選手として3シーズンでこれらの数字を挙げている。勝ち取ったタイトルは5つ。欧州とスペインのスーパーカップ、リーガ、チャンピオンズ、国王杯を一つずつ手にしている。

大会決勝での決定的なゴール

さらにおたふく風邪で出場できなかった欧州スーパーカップを除き、その他の4試合でネイマールは決定的な存在になった。なお選手にとってバルサでの公式戦最初の得点はこのリストを書き記すためのものになった。2013/14季のスペインスーパーカップで、リーガでのデビュー戦のあとの2試合目でのこと。アトレティコから挙げたカルデロンでの第1戦でのフォワードの得点がタイトル獲得につながった(1−1、0−0)。

ところがベストコンディションは初年のバルセロナ、クラブでの適応期間を過ごしたあと、史上2回目となるシーズン3冠という形で訪れる。メッシ、スアレスとともにトリデンテを構成。1シーズンで計123点を挙げ、リーガ、国王杯、チャンピオンズリーグ優勝の決定的な存在となった。

国内リーグでネイマールは33試合で22ゴール。国王杯では7点で、カンプ・ノウであったアスレティック・クラブとの対戦で0−2とするゴールを決めた(1−3)。その1週間後、ブラジル人選手はチャンピオンズリーグ決勝、ユベントスとの対戦で1−3とし、歴史的なシーズンを締めくくる主役の座を担った。

 

上に戻る