fcb.portal.reset.password

カンプ・ノウでのアスレティック戦でのアレイス・ビダル / MIGUEL RUIZ - FCB

ルイス・エンリケ率いるチームは昨季勝ち取ったタイトルを連覇するためシーズンの重要な局面を迎えている。1月終盤から2月いっぱいでFCバルセロナはリーガ、国王杯、チャンピオンズリーグの計9試合をこなす。またノックアウト方式の大会で準々決勝を突破した場合はその試合数は10に増すが、そのすべてを5週間のうちにこなすことになる。

カンプ戦のほか、バルサはリーガ首位の座キープを狙い、その差を確かなものにするためアトレティコ・デ・マドリード戦(30日土曜、午後4時)に挑む。さらにロス・クレスは日本で行われたクラブワールドカップに出場した関係で消化数が1つ少ない。その試合は2月17日水曜の午後6時30分、エル・モリノン・スタジアムで行われる。

この対戦のあと、ロス・アスルグラナスには20日土曜(16時)、UDラス・パルマスとのアウェー戦がある。続いてチャンピオンズリーグ。バルサはロンドンへ行き、ベスト16対戦の第1戦としてエミレーツ・スタジアムでアーセナルとぶつかる。2月最後となるのはカンプ・ノウでのセビージャ戦。ここまで最後にロス・アスルグラナスを破った相手との対戦が待っている。この敗戦からバルサは24試合負けなし。ロス・クレスの目標は試合と挑戦にあふれた日程で好調な戦いぶりを続けることになる。

上に戻る