fcb.portal.reset.password

オビエドでの試合で初ゴールを祝うアルバ / UEFA.COM

PKでの得点のあと特別なゴールパフォーマンスを捧げるアンドレス・イニエスタ / UEFA.COM

スペイン代表は、今回のグループリーグで最も大事な試合をバルサの選手が決めた2得点のおかげで乗り切った。シルバのアシストを生かしたジョルディ・アルバがヘディングシュートで先制点を決めた。先制点は、まだ試合が始まってから4分しか、経過していなかった。その後、イニエスタのゴールが試合を決めた。FCバルセロナのキャプテンは、試合30分でディエゴ・コスタに犯したファウルによるPKを沈める役割を担った。
バルサの選手、ジェラルド・ピケセルヒオ・ブスケッツもスタメンとして出場し、それぞれ、90分間、プレーした。イニエスタは、コケと替わり、試合終了の6分前にピッチを去った。バルトラはベンチスタートだった。
この勝利を手に、スペイン代表は、勝ち点18でここまで買っているスロバキアと並び、グループCのトップに立った。

 


上に戻る