fcb.portal.reset.password

バルサの選手で活躍した選手の一人、セルジ・ロベルト/ MIGUEL RUIZ - FCB

- バルサとしては午後4時に試合開始とあまり慣れていない時間帯で行われ、アスルグラナの勝利を目の当たりにするためカンプ・ノウには74196人の観衆が集まった


 

マルク・バルトラは最多のパス(93)を出した選手。続いてマスチェラーノ90)、セルジ・ロベルト(82)だった。対するカナリア諸島のチームはダビド・シモンの39本だった。

 


−チーム別としては、バルサのパスは計646を出し、うち557が成功だった。ラス・パルマスは326回、うち237が成功だった


セルジ・ロベルトは最多となる5本のセンタリングを供給した選手。サイドバックとしてバルサの20番は右サイドを支配し、55のプレーに関与した


スアレスネイマールJrはそれぞれ5本ずつのシュートを放った。ラス・パルマスで積極的な動きが目立ったジョナタン・ビエラは上記バルセロナ所属アタッカーと同数を放った


-24分のルイス・スアレスのゴールは今季リーガのバルサにとっては初めての前半での得点。それまでロス・アスルグラナスはずっと後半にゴールを決めていた


ルイス・スアレスはバルサの選手となって通算6回目のドブレテ。ウルグアイ人選手は2014年10月25日のデビュー戦から合計30ゴールとした


—ラス・パルマス戦は今季初めてジェラール・ピケマルク・バルトラがセンターバックのコンビとして一緒にプレーした。今回マスチェラーノはポジションを上げてプレー、ボランチとして中盤でプレーした。


怪我を負ったあとレオ・メッシは今後複数のバルサの試合を欠場することになる。アルゼンチン人選手は2013年11月10日を最後に1試合も欠かすことなく出場していた

上に戻る
_satellite.pageBottom();