fcb.portal.reset.password

セルジ・ロベルトのゴール / VÍCTOR SALGADO -FCB

バルサがセルジ・ロベルトとルイス・スアレスのゴールでチャンピオンズリーグ2戦目に勝利した。ミッドフィールダーにとっては今回が欧州大会2度目の得点。自身11回目となる大陸最高レベルの大会での試合出場だった。以下、バルサ−バイエル戦のデータを振り返る:

セルジ・ロベルトのこれまで唯一の欧州大会得点は2011年のBATE ボリソフ戦だった


奇しくも22年前のこの日にもバルサは欧州大会で逆転勝利した。ディナモ・キエフを相手に4−1と歴史的な勝利を収めた


アスルグラナのボール保有率は70%だった


チームは594のパスを成功させた。一方のバイエル・レバークーゼンは209だった


試合で最多のパス成功を果たしたのはジェラール・ピケ。103回パスを出し、うち98本を成功させた


ジョルディ・アルバ、マスチェラーノ、ネイマールがイエローカードを提示された。なおピケはローマで同処分を受けている


マスチェラーノは試合で最多のボール奪取(18)を果たした選手


バルサのシュートは17、対するバイエル・レバークーゼンは9だった


上に戻る