fcb.portal.reset.password

ネイマールに関する各種データ / FOTOMONTAJE FCB

ネイマールJrが早くも100試合出場を果たした。2013年夏にバルサへ加入したブラジル人選手は2シーズンと少しで3ケタ出場に達した。この間にチームは5タイトルを獲得(スペインスーパーカップ2013、リーガ2015、国王杯2015、チャンピオンズ2015、欧州スーパーカップ2016)。ブラジル人クラックは価値ある得点やアシストから特にオフェンス面で主役の一人となった。

この100試合のうち87で先発出場、途中出場は13で、ネイマールは計7663にプレー。内訳はリーガ4849分、チャンピオンズ1981分、国王杯712分、スペインスーパーカップ121分となっている。ネイマールが出場した試合でFCバルセロナは74試合に勝利、ほか11分け15となっている。大会別の勝敗は以下の通り

ネイマールが重要な役割を務めたのはチームの得点面。彼の得点が2013スペインスーパーカップをもたらしたとはいえ、ブラジル人選手が能力を発揮したのは2014/15季。100試合で58を決めている。ここではゴールに関するあらゆる分析をしている。

これが決めたゴールに関するものだが、ネイマールのシュートについて知りたい?現状でそのシュートに決定率は42,96となっている。以下の表では大会別でのシュートに関する各種データを見ることができる。

このほか特にメッシとスアレスといったチームメイトとの素晴らしい連携もみせている。アシストは18パス成功率はとても高く、そういったものが以下のグラフで示されている。

上に戻る