fcb.portal.reset.password

ダービー戦でのメッシ / MIGUEL RUIX - FCB

FC バルセロナの最後から二番目の挑戦、リーグ戦のタイトルを賭けてバルセロナダービーを迎える。コンスタンティン・ガルカの率いるチームは、セビージャを前に貴重な勝利を手にしたばかりだが、このカテゴリーに残留するためには、大会を終えるまで残っている2試合で、勝ち点1点をあげなければならない。

ズンを通してイレギュラ

チームは、全く勝利を手に出来なかった一ヶ月後に、リーグ戦終了まで最終節に近付いた状態で、セビージャを前に勝利をもぎ取った (1-0)。この勝ち点3でガルカのチームは、残留に大きな一歩を踏み出すことになった。現在、チームは、勝ち点40で. 14位−降格ゾーンまで勝ち点5点−であり、その内訳は、11勝7分18敗だ。

残留を目前にして、エスパニョールは、楽しむ状態にはない。36節の現時点で、エスパニョールは、大会の中での失点ランキングの2位だ(失点は67) 。ホームでは勝ち点29点、アウェーでは11点しか、取得できていない。最多得点を決めているフェリペ・カイセドは、30試合に出場し、8得点を決めている。

カンプノウでの欠場選

今週の日曜日にカンプノウで行なわれる試合で、ルーマニア人監督は、二人の重要な選手を数に入れることができない。ディフェンスの要のアルバロ・ゴンサレスとオスカル・ドゥアルテだ。両選手は、セビージャ戦の前に5枚目のイエローカードを受けた後、累積欠場することになる。アルバロは、ガルカが最も多く起用してきた選手であり、ここまで35試合に出場し、 3.137分プレーしている。

 

上に戻る