fcb.portal.reset.password

カンプ・ノウで行われたセルタ戦でのレオ・メッシ/ VÍCTOR SALGADO - FCB

2ヶ月の月日を経てFCバルセロナはリーガ日程で他チームに追い付く。ルイス・エンリケは水曜日(18時30分)、クラブワールドカップ参加で未消化だったリーガ16節の試合を行う。ロス・アスルグラナスはヒホン入りしスポルティングと対戦、勝利すれば順位表でリーガ2位との差をさらに広げることになる。バルサは現在2位アトレティコ・マドリードに勝ち点差3をつけており、この差が6に広がる可能性がある。

エル・モリノンへの訪問はルイス・エンリケにとって特別なものになる。アスルグラナの監督はスポルティングで育ち、常々自身はスポルティングのファンでありアストゥーリアス人だと語っている。「エル・モリノンに戻るのはいつだって特別なものだが、私は勝ちたいとルイス・エンリケは記者会見で語っている。この試合は同時に2人の友人の再会でもある。アスルグラナの監督は現スポルティングの監督で元バルサ選手(1994−2002)でもある‘ピトゥ’・アベラルドと初めて両ベンチに分かれて対戦する。2人の親交は7歳から始まっているが、勝ち点3の獲得のためこの試合の最中は笑顔でいることはない。

今日水曜日の試合はバルサが1週間でこなす3試合の中の2試合目。セルタ戦での素晴らしいゴールラッシュ(61のあと、ロス・クレスはヒホンでプレー。わずか3日後にはラス・パルマスで別の試合が待っており、そのあとにチャンピオンズリーグのベスト16対戦が控えている。だからこそルイス・エンリケは召集リスト作成にあたり何人かの選手に休養を与えた。ヒホンにはジョルディ・アルバ、セルジ・ロベルト、ドウグラス、サンドロ、マシップは戦術的判断で、また怪我のラフィーニャがメンバー入りしていない。

一方のスポルティングは降格権から遠ざかるため勝ち点獲得の必要性がある。アベラルド・フェルナンデスのチームは最近4試合(勝ち点12)で8ポイントを獲得、全23ポイントで16位の位置にいる。アストゥーリアス州のチームにはバルサからレンタル移籍しているアレン・ハリロビッチがプレー。選手は「とても素敵な試合になるだろう」と話している。さらにアスルグラナ下部組織でプレーしたカルモナサナブリアもいる。しかし両選手ともに体調不良で出場できる状態ではない。またアベラルドはベルナルドとエンディを怪我で欠いている。

上に戻る