fcb.portal.reset.password

スロバキアでのゴールを決めるイニエスタ / SEFUTBOL.ES

スペイン代表は、 今週の火曜日、フランスでの2016年ユーロに向けての大きな一歩を踏み出す。先週の土曜日、スロベニアを相手に2−0で制し(ジョルディ・アルバとアンドレス・イニエスタのゴールで勝利)、ビセンテ・デル・ボスケのチームは、グループ内最下位のマセドニアを相手に戦う(20時45分、 TVE1局)。その一方で、スロバキアとウクライナは、グループ内2位争いを行なう。 

予選終了まで、あと3試合を残し、グループCで勝ち点18点を手に首位で、スロバキアと並んでいるが、ゴールアベレージのおかげで、首位に立っているスペイン代表。ウクライナは、現在、勝ち点15で現状では、プレーオフに回ることになるだろう。だが、今日のスロバキアとの対決がグループ内2位を決めることになる。

ビセンテ・デル・ボスケのチームには、5人もの選手(ピケ、バルトラ、アルバ、イニエスタ、セルヒオ)がおり、グループ内首位を確定するのに有利な状況にある。第一戦では、5-1で勝利をあげており、また、スロバキアは、最近の7試合で勝ち点4しかあげていないことなどを思えば、楽観を呼び込むためのモチベーションは余あるといえる。

アルゼンチンとブラジルの二度目の親善試合

また、火曜日には、バルサの4人の選手が更に代表戦を行なう。アルゼンチンのメッシとマスチェラーノの二人は、メキシコを前にアメリカでの親善試合でスタメンでプレーする可能性が高い。場所はダラスだ(イベリア時間で午前4時キックオフ)。これは、2018年ロシアワールドカップに向けて行なわれる南米予選前に、タタ・マルティノが行なう最後の試合になる。親善試合の最初は、ボリビアとの対戦であり、アルゼンチンは7-0で勝利をおさめ、メッシも2得点を決め、貢献している。

一方、ネイマールとラフィーニャのブラジルも、アメリカでツアーを行なっている最中であり、本国、アメリカ合衆国とボストンにて (02時30分、イベリア時間)試合を行なう。コスタリカとの対戦では、バルサの選手二人は、ラスト10分間のみプレーしている。その試合はラフィーニャにとって、ブラジルのA代表デビュー戦という特別な試合となった。 

上に戻る