fcb.portal.reset.password

現在のバルサで最も調子の良い選手、セルジ・ロベルトとルイス・スアレス / MIGUEL RUIZ - FCB

言い訳は存在しない。バルサはチーム内にたくさんの怪我離脱選手を抱えるなかリーガで最も難しいアウェー試合の一つであり、連戦(21日間で7戦)の最後に臨む。サンチェス・ピスファンでのセビージャ戦でロス・アスルグラナスは、勝ち点3を積み重ねて代表戦ウィークによるリーグ中断を前にリーガ首位に追い付くよう取り組むためにこういったすべての状況を跳ね返さなければならない。そのためにバルサは勝ってレバンテとのアウェー戦を戦うビジャレアルの結果を待つことになる。

ここ数週間と同様、バルサは長い負傷選手リストを抱えている。ラフィーニャ(長期)、フェルメーレン、アドリアーノ、メッシの戦線離脱に次いで今週火曜にはアンドレス・イニエスタ右足ハムストリングを負傷し数週間ピッチを去ることになる。ルイス・エンリケにとって間違いなく朗報なのはクラウディオ・ブラボの怪我回復。それでも監督は下部組織選手のグンバウカマラを呼んでサンチェス・ピスファンでの対戦に備えた召集選手リストを作成しなければならなかった。

対するセビージャも状況が極めて良いとは言えない。ウナイ・エメリ監督はバルサ戦に向けてビトロとジョレンテを取り戻したものの、たくさんの選手を怪我で欠いている。欠場するのはベト、バネガ、カリーソ、エスクデロ、カクタ、ニコ・パレハ、ラミで、すべては怪我による欠場となっている。

バルサとセビージャは数週間前の激突を再現することになるが、この舞台はセビージャでもバルセロナでもなく、トビリシであった欧州スーパーカップでのこと。試合は激しい打ち合いの末バルセロナが延長戦でタイトルを手にした

最近の過去対戦ではバルサが好結果を残しており、サンチェス・ピスファンでは8シーズン前から敗れていない。さらにアンダルシアのチームはここまで1勝2分け3敗と今季良い滑り出しを見せていない。とにかくバルサは選手の離脱を乗り越え、暫定首位に立つため勝利を目指す。

上に戻る