fcb.portal.reset.password

バライドスでのブスケッツ/ MIGUEL RUIZ - FCB

「こういった結果の後、チームのきぶんは良くないが、それはスコアが実際の僕らの内容にそぐわないものだからだ」と試合後に、セルヒオ・ブスケッツはバライドスで、セルタを前に4-1で終わったことについて話した。「前半、彼らの法が上だったが、それも鍵になる時間にゴールを決めた」ことが試合を決めたと感じており、とりわけ、セルタのキーパーが「多くのチャンスがあったけれど、全部止めた」ことを残念に思うと話した。

また、「次のページをめくり、ミスから学ぶことだ」と教訓を得るべきと話し、「カウンターにもっと注意し、ゴールを決められるようにしなければ」と反省点を語った。更に、カンプノウで行なわれるラスパルマスとの試合が今週末にあるが、「土曜日に勝つこと」が最も、現在、大事だと考えており、リーグは「とても長いし、ここまでは全勝してきたのだから」と自信をみせた。


上に戻る