fcb.portal.reset.password

練習場でのロベルト・フェルナンデス / MIGUEL RUIZ-FCB

強化担当、ロベルト・フェルナンデスは、バルサの現況をカタルーニャラジオでおインタビューで明かした。きかれたテーマから逃げることなく、バルサの強化担当は、チームが苦しまされている負傷について、特にメッシの怪我についても話した。こういった状況を自然さを持って受け止めるべきだとの考え方を示し、「焦らずに、自然なこととして振る舞う」ことが大切だと説いた。

また、ネイマールJrの将来については、「契約更新は順調に進んでいるし、私は非常に良い状況にあると考えている。ネイマールの生活はここにあると信じて疑っていないし、そう感じている」と応えた。

「競争力の高いリーグになるだろう」

最近、バルサは、セビージャで鍵になる試合を落としたが、それについては、「負ける」のが好きな者は誰もいないし、バルサのような勝つことに慣れているチームなら尚更だ」と話し、「黒星にも関わらず、チームの反応は非常に良かった」ことをあげ、「あの試合で負けるのは普通ではない」との感想を述べた。
ロベルトは、この大会について、ここ数年に比べ「より、競争力の高いリーグ戦になる気がしているし、当初、最後まで戦える条件が揃っていなかったと思っていたチームが出てくるだろう」と予想した。更に「ある一定のラインまで、それは普通だ。マドリードとバルセロナだけではなく、良い形での競争力があって欲しい」 との考えを示した。

その意味で、ロベルトは、「私は攻撃的なプレーが大好きだし、バルサのようなチームを見るのがだから大好きだ。こんなに内容の良いサッカーをプレーするチームを見るのが好きじゃない人間がどこにいるだろう?」とそのサッカー観を示し、「私達が手にしているプレースタイルは、よりポテンシャルをあげていき、それをキープし、毎回、向上させて行く必要がある。それは難しいことだ。バルサは10年以上、それを続けてきており、勝ってタイトルを獲得するのに慣れているから、余計にそうだ」と説明した。

 


上に戻る