fcb.portal.reset.password

試合でコーナーキックを蹴る前のレオ・メッシ。シーズン終了後リーガタイトルともに記念写真することを願っている / MIGUEL RUIZ-FCB

ミスの余地は一つもなし−。リーガ優勝の喜びを得るためにはベニート・ビジャマリンに立ち寄りさらに勝利を掴む必要性がある。バルサはラスト3節の段階でベティスと対戦する。セビージャで勝ち点3を獲得した場合、首位であり前回優勝チームは続くエスパニョール戦、アウェーのグラナダ戦を前に最上位を維持することになる。

最近2節では上々の結果を出し(リアソールで0−8、カンプ・ノウでのスポルティング戦6−0)たことでチームは微笑みと、シーズン終了後に優勝トロフィーとともに記念写真を撮る権利を維持している。その実現のためにもベニート・ビジャマリンでの戦いに照準を絞り自信を保つことが必要になる。

バルサはタイトル争いしているその他の候補の結果を知った上で試合を始めることになる。レアル・マドリードアノエタ(16時)で、アトレティコ・マドリードラヨ・バジェカーノをホームに迎え撃つ(18時15分)。ベティスの本拠地で勝利するのはバルセロナにとって簡単なことではない。アンダルシア州のチームはこれまでホームで21ポイントを獲得(5勝6分け)。そして1部残留を手にしているフアン・メリノ率いるチームは前節のセビージャダービーでの敗戦(2−0)のあと地元ファンに喜びを与えるべく望んでいる。

バルサにとってベティス戦を戦うため55回目となるセビージャ訪問(戦績は22勝14分け18敗)だが、ルイス・エンリケによって召集された選手たちは試合日当日の午前にアンダルシア州の首都入りする。監督によるとロッカールームの雰囲気は「これ以上ないもの」だという。

ペペ・メルの後任監督、フアン・メリノは「最高のバルサを迎えることになる」とし、18選手を召集。この中には元アスルグラナ選手のチャビ・トーレスマルティン・モントヤがいる。後者は今季バルサからインテル・ミラノへレンタル移籍してシーズン開幕を迎えたが、今回元チームメイトと再会、負傷離脱中のバルガスに替わって左サイドバックを担当する可能性がある。

召集メンバー

試合当日の朝、ベティス戦に向かう召集メンバー18人が発表された。メンバーは、以下の通り。

テア・シュテーゲン、クラウディオ・ブラボ、ピケ、ラキティッチ、 セルヒオ、アウベス、アルダ・トゥラン、イニエスタ、スアレス、メッシ、ネイマールJr、ラフィーニャ、マスチェラーノ、バルトラ、ムニル、ジョルディ・アルバ、セルジ・ロベルト、アレイシ・ビダル

上に戻る