fcb.portal.reset.password

ボリソフから2ゴールを挙げたラキティッチ/ MIGUEL RUIZ-FCB

イバン・ラキティッチはBATEボリソフのピッチでバルサが勝利した試合で主役の一人を務めた。選手にとって今季最初の得点がバルサの勝利につながった。「その前にも僕にはチャンスがあったけど結果が出ていなかった。大事なのはチームの役に立つことで、ここでのプレーは簡単ではない。得点するのに完璧なタイミングだった」とコメントした。また確かな考えを持っている。「僕らはとても良いプレーをした。この流れを続けて行かなければならない」

背番号4番の喜びは二重の意味があった。「再び妊娠した妻のためゴールを捧げたかった」

セルジ・ロベルトは恥骨に違和感

ラキティッチはその前となる試合17分にセルジ・ロベルトと交替していた。クラブメディカルサービス部門によると、カンテラ出身選手は恥骨に重度ではない違和感を抱えている。水曜日に怪我に対しより多くの検査をすることになる。

ハビエル・マスチェラーノのコメント

「僕らはたくさんのチャンスを迎えたが、相手に許したのはほんの少しだった。それは良いこと。だってそれまで僕らは守備的に苦しんでいたから」

「リーガで上位に離されないよう、チャンピオンズと国王杯で最終段階まで可能性を残すため、僕らはさらに成長し続けなければならない」

「大事なのは次のラウンドに進むこと。そのあと首位の座を狙って行く。バルサでは勝つことだけがオプションとして存在していて、今日勝ったことが何かを変えるということはない」

次の練習は木曜日

バルサは水曜をオフに充て、続く木曜日には午前11時からクラブ総合練習場で練習を再開することになっている。

上に戻る
_satellite.pageBottom();