fcb.portal.reset.password

ローマ戦記者会見でのルイス・エンリケ / MIGUEL RUIZ - FCB

「ローマを相手にグループ内首位で終えるのは、基本だ。チャンピオンズリーグの順位をいい形で終えられるよう、私達は努力する」とルイス・エンリケは、試合前日記者会見でコメントした。また、ローマが勝利を余儀なくされている状況で来ていることも思い起こさせ、「私達にとって、レベルの高い試合を行なうのは非情に重要だし、ローマのオリンピックで行なった試合とは全く違う様子をみせられると思う」と話した。

チャンピオンズリーグでの対戦は、クラシコでレアルマドリード負かしたほぼ3日後にやってくる。「チームはサッカーをプレーする困難さを理解するに十分なインテリジェンスを持っているし、目標を達成すると信じている」と話し、「私達は、今、賞賛を受ける次期にいるが、私達は、まだ、シーズンの3分の1にしかたどり着いていないとわかっている。まだ、シーズンは長い」と断言した。

「ローマにとってもカンプノウに勝ちにくるというシチュエーションは魅力的だろう。勝つ以外の選択肢はないのだから」

、明日は、クオリティと技術があるチーム間の、第一レグとは全く異なる面白い試合が見れるだろう。

「今回は(ローマは)戦いに来なければならない。第一レグではディフェンシブにプレーしたが、明日は、クオリティと技術があるチーム間の、第一レグとは全く異なる面白い試合が見れるだろう。」

「ローマのオリンピックスタジアムでは、私達が望んだリズムの試合ではなかった。だが、8人から9人の選手が守ってくるチームを相手にプレーするのは、非情に難しいと私達は知らなければならない」

「全試合、同じようにプレーすると思うが、私達はチャンスを与えなかったし、多くのチャンスをあの時も手にしていた。チームのプレー内容はよかった。明日の試合は、私達が上であり、手にしたチャンスをものにできることを望んでいる」

メッシの

「とても調子が良いように見えた。あらゆるファンにとって、彼がバルサの一部であることは、非常に大きな喜びだ」

「唯一、足りないのはプレー時間を増やしていき、バッテリーをチャージし、後はメッシを再び、楽しむだけだ」

 

上に戻る