fcb.portal.reset.password

ジョージアで20回目のタイトルを制覇したペドロ / MIGUEL RUIZ-FCB

ペドロ・ロドリゲス は、FC バルセロナに 2004の夏に移籍し、フベニルAカテゴリーに所属した。その後、11年間、クラブの歴史の中でも最高のシーズンの主役であり続け、二度に渡り、3冠を手にし、合計20ものタイトルを制覇した。 

デビュー

騒がれることなく、当時、‘ペドリート’の愛称で知られていたペドロ・ロドリゲスは、2007/08年にトップチームでデビューした。フランク・ライハールトがこのアタッカーに最初のチャンスをムルシア戦で与えた。ペドロはカンプノウでデビューする夢を、サミュエル・エトーと交代し、叶えた。

決定的な飛躍

2008/09年のシーズン、ペップ・グアルディオラが、トップチームの常連にペドロを変えた。当時、バルサBでもプレー時間を重ねていたが、少しずつ、イレブンに居場所を確保し、この間に、積極的にタイトル制覇に関与し、20ものタイトルを獲得するまでに至った。ペドロは、 2009年の欧州スーパー杯のゴール、2011年のウェンブレイでの決勝でのゴール、最も最近では、2015年のヨーロッパスーパー杯でのゴールなどは、例としてあげられる氷山の一角だ。

ここ何年もの間、ペドロ・ロドリゲスは、トップチームと共に321試合に参戦し、 99ゴールをマークした。その間に20タイトルを制覇したその内訳は、 リーグ優勝5、チャンピオンズリーグ 3、国王杯 3、欧州スーパー杯3、スペインスーパー杯4、クラブワールドカップ 2だ。また、スペイン代表と共に2010年にワールドカップ、2012年にユーロを制覇した。


上に戻る