fcb.portal.reset.password

セビージャを前に国王杯優勝を果たしたネイマールJr/ MIGUEL RUIZ - FCB

ネイマールJrは、新シーズンをFCバルセロナと共に成功を収められたことを誇りに感じている。サポーターと共にリーグと国王杯の二冠セレブレーションを終えた後、クラブの公式メディアの取材に答え、今季を評価したネイマールは、「バルサでの3年目にとても満足しているし、僕らは再び、タイトルを獲得できた」と話した。なぜなら、3冠を繰り返すことはできなかったにしろ、「僕らはいい仕事ができたし、二冠はパーフェクトだった」と考えているからだ。 

ネイマールは、「全員とこの瞬間を分かち合えて、とても幸せ」だと>話し、常に彼に多くを捧げてくれるチームメートへ賛辞のことばを送った。また、「チームを助け」「向上し続けていく」ことを願っていることを述べた。「僕は、世界一と共に学んでいる。みんなが知っているとおり、レオはナンバーワンだし、他の選手が世界一であることはありえない」と明言した。

またバルサの11番、ネイマールJrは、カンプノウのピッチでサポーターに「このチームとこのサポーターと共に、タイトルを分かち合うことができるのは、名誉だ」と話し、「僕はこのクラブでとても幸せだ。僕はバルサのものだ」とつけ加えた。

 


Neymar: "Doing the double was perfect" por fcbarcelona

上に戻る