fcb.portal.reset.password

アルゼンチンとの対戦でのネイマールJr / FIFA.com

ロシアで行われる2018年ワールドカップの南米予選3節が木曜深夜から金曜にかけて行われる。最も注目を集めているのはモヌメンタル・スタジアムであるアルゼンチン対ブラジルの直接対決。ネイマールjrダニ・アウベスがブラジルで、またマスチェラーノがアルゼンチンとしてアスルグラナ選手が敵味方に分かれて戦うことになる。ネイマールJrはコパ・アメリカで受けた出場停止が明けてカナリア軍団に再合流。ドゥンガ監督率いるチームの攻撃面の中心選手になる。一方のアルゼンチンはレオ・メッシを怪我で欠いている。

アルゼンチン対ブラジルの対戦の前にはチリ代表がヌニョアでコロンビア代表と対戦する。クラウディオ・ブラボが主将を務める代表チームはこれまでにペルーとブラジルに勝利し無敗でこの対戦に臨む。サンパオリ監督率いるチームは、ウルグアイとエクアドルが引き分けに終わったあと、コロンビアに勝てばグループ首位に立つことになる。

欧州での試合

それでも南米での代表対戦は金曜唯一の国際試合にはならない。2016年欧州選手権への出場を決めた欧州の代表チームは、フランスで来年行われる大会に照準を合わせて親善試合を行う。イニエスタ、ブスケッツ、ピケ、アルバ、バルトラのいるスペインは13日金曜日にアリカンテでイングランド代表と対戦する。

ほかバルセロニスタが参加する国際親善試合は、カタール対トルコベルギー対イタリアアルダ・トゥランは同国代表が欧州選手権出場を決めたあと試合出場が可能。ベルギー人選手のトマス・フェルメーレンは怪我回復したあと同試合に出場可能となっている。

ムニルは21代表で20分出場

アスルグラナ選手のムニル・エル・ハダディはU21欧州選手権の予選でサブだった。バルサのフォワードは試合の73分にイニャキ・ウィリアムスに替わって出場、アルベール・セラーデス監督率いるチームのジョージア戦5−0勝利に関わった。なお試合では前所属選手デウロフェウがハットトリックを決め、主役を務めた。

上に戻る