fcb.portal.reset.password

それぞれの代表で得点したラフィーニャ、メッシ、ネイマールjr/ FOTOMUNTATGE FCB

今週の水曜日、早朝、サッカー的な主役は、FCバルセロナの選手で殆ど締められた。それぞれの代表戦、アルゼンチンとブラジルは、北アメリカでメキシコ及びアメリカ合衆国とそれぞれ、親善試合を行なった。テキサスでは、ヘラルド・マルティノのアルゼンチンがレオ・メッシのゴールのおかげで、同点を手に入れ、一方、マサチューセッツでは、ラフィーニャがブラジル代表と共にデビューを果たし、アメリカを相手に1-4で下し、その試合でネイマールはダブルゴールを決めたのだった。

テキサスでは、メキシコーアルゼンチン戦前に両者の対戦が既にあった。バルサで長い間、チームメートだったレオ・メッシとラファ・マルケスは、それぞれの代表キャプテンとして選手トンネルをくぐり抜けた。いったん、試合が始まった後、ハビエル・エルナンデスがPKで前半に得点を決め、ハビエル・エレラが後半に得点を決めた。

メッシ、再び

誰もがアルゼンチンの負けを想像したが、最後に現れたのは、セルヒオ・アグエローレオ・メッシのタンデムだった。マンチェスターシティのフォワードは、85分、長距離を走り、バルサの選手は、チームメートが放ったアシストを生かし、その親善試合最後の瞬間に試合を同点にした。スコアは、最終的に2-2で終わった。

ブラジルのエキシビション

アメリカーブラジル戦は、ネイマールもラフィーニャも、スタメンにいなかったが、ハーフタイムにブラジルが0-1有利の状態で、ピッチに立った。ネイマールは、ウイリアムに代わってピッチに立った。 まだ、ピッチに立って5分という時間帯に、カナリア代表のキャプテンは、PKを決めて、スコアを0-2に導いた。その数分後の主役は、 ラフィーニャだった。ドウグラス・コスタに代わって、63分にピッチに立って、その次のpルエーで、ルカスのプレーを決めて、得点選手として、デビューを果たした。 バルサの選手、二人がゴールを決めたが、まだ、ネイマールJrの二点目が残っていた。ブラジルのキャプテンは、ラフィーニャがゴールを決めるのを待って、試合を0−4にした。これが最後だった。

 

 

上に戻る