fcb.portal.reset.password

試合中のスアレス/ MIGUEL RUIZ - FCB

カンプノウでの逆転が必要となる。バルサのサポーターは、FCバルセロナがスペインスーパー杯を制覇するためには、サン・マメスでの惨敗(4-0)をひっくり返せるように、祈る必要がある。第一レグは、バルサにとって運に見放された悪夢の夜となった。アスレティック・クラブの効率性、ゴルカのセーブ、ジョージアでプレーした後の疲労、これらにハットトリックを決めて主役となったアドゥリスが加わったことが、試合の鍵となった。

サン・ホセの先制点

ジョージアの遠征から戻ってきたチームは、その状況をキープすることを目標とし、ボールをコントロールすることを目標に試合をスタートしたが、戦術が通用したのは、最初の数分だった。アスレティックのフィジカルの強さが前面に出た瞬間、先制点が訪れた。バルベルデのチームが最初に手にしたゴールチャンスだった。ミケル・サン・ホセがピッチの中央から強烈なシュートを放ち、テア・シュテーゲンが前に出たのを見計らって、サン・マメスの芸術作品となるゴールを決めたのだった(前半13分、1-0)。

セビージャを相手に起きたのと同様に、バルサは逆転を余儀なくされたが、今回はリアクションを起こすことができなかった。スアレスがエリア内から中央に切り込み、コーナーに終わったプレー (26分)とゴルカが見事にクリアしたメッシのフリーキック (45分)のみが、ハーフタイム前に同点を迎えるチャンスだった。

バルサの忠告、アスレティックの打撃

メッシのプレーがルイス・エンリケのチームに火を点けたものの、アスレティックのインテンシティの方がそれを上回った。バルサがサン・マメスでようやく快適にプレーし始めた時、メリノのセンタリングを受けたアドゥリスが見事なヘディングシュートを突き刺した(52分、2-0)。 その少し前に、ペドロが同点ゴールを決める寸前だったが、ポストに弾かれ(49 分)、その後、メッシが1対1になり放ったシュートは、ゴルカに再び、阻まれた。

ボールはゴールに入りたがらず、アスレティックはそのチャンスを生かした。2-0のスコアで満足しなかったバスクのチームは、プレスをかけ続け、バルサの疲労を地用した。バルサのディフェンスミスをついて、アドゥリスはフリーの状態で3点目を決め(61分、3-0)、更に同じフォワードがその6分後にハットトリックを決めた (67分、4-0)。試合が終わるまでまだ、20分残っていたが、バルサは点差を詰めることができなかった。もしも、再び、スペインスーパー杯をチームが手に入れたいと望むなら、この大きな点差をカンプノウでひっくり返さなければならない。

上に戻る