fcb.portal.reset.password

試合の先制点を祝うバルトラ / MIGUEL RUIZ-FCB

マルク・バルトラは、今晩、最初の得点車となり、バルサのレバンテを前にした4-1の勝利を 導いた。バルサの先制点を決めたセンターバックは、「僕が一番好きなのは、ボールを奪うこととディフェンスに関する全般だが、もし、ゴールを決められるなら、もちろん、それは良いことだ。言うまでもなく、一番大切なのは、チームを助けることなのだから」と説明し、それにメッシのアシストが何よりも最高のメリットがあると話した。「ゴールの大半は、僕の胸にボールを送ってくれたレオのおかげだ。この手のパスを受け取れば、残りはもっと簡単になるし、チームが必要としている時にゴールを決められれば、その方がいい」とコメントした。

バルサの '15' 番は、「相手がディフェンシブにくると、先制点を決めるのはより難しくなるが、今日は僕がそれを決める幸運を得た。でも、もっとも大事なのは、首位で居続けるためのチームプレーだ 最後に、マルク・バルトラは、「ルイス・エンリケとなら、もし、頑張れば、チャンスが貰える」と話し、「言われることを全部、気にしたりはしない。ひたすら、練習し、向上し、自分のすべてを出し尽くすことのみを考えている」と話した。

ジェラルド・グンバウ

「カンプノウは感動的だ。マラガ戦ではベンチだったが、今日は1部でデビューできてすごく満足している」

「たった1年で、トップチームでリーグデビューするなんて不可能なように思えるし、決して、それが自分に起こるとは考えなかった。最も大事なのはそれを認めて、地に足をつけていくことだ」.

「僕にとって、セルジ・ブスケッツは指針だ。いつも、ベンチや家で、自分がピッチに立った時にすべきことは何かを見ている」

「前半のレバンテは、とてもディフェンシブにきたが、後半は試合を決めることができた。チームは、欠場者がいても、とてもうまくプレーできることを証明した」

「なんの目標もたてない。ひたすら、練習し続けるだけだ。僕の居場所は、バルサBにあるが、トップチームでのチャンスを生かしたい」

ダニ・アウベス

「僕らが得た勝利は、それにふさわしいものだが、もっとライバルの対策について、もっと研究しなければならないとわかっている」

「メッシと共に、全てが調整される。彼のクオリティ、チームのクオリティが合わさって、完璧になる。メッシは、僕らのフラッグだし、僕らは彼にできるだけ、幸せでいて欲しいと思っている」

「システムは、いくつかのポジション以上には、僕らのプレースタイルを大きく変えなかった。意図は同じだ。ポゼッションを持って、攻撃頻度をあげることだ。僕らはとてもうまく適応できたし、だからこそ、スペースができた時に先制点が生まれた」

「僕らはいつもポジティブだ。僕らは、勝ち続けていきたいなら、自分達ができるだけ上手くプレーしなければいけないとわかっている。そういった目標はビッグクラブならではのものだ」

「ノリートについて、よく研究しなければならない。彼はとてもエレクトリックだから。それも自分がプレーしている時は、よりその傾向が強くなる。こういった目標があるのは良いし、僕が好むところだ。最終的に僕らは最高の相手と戦っていかなければならないのだから。その難しさはわかっているが、それをわかった上で、もし、監督が僕を使ってくれると決めたなら、その時は、目標を超えられるように頑張りたい」

月曜日の練習 11時から

レバンテを前に勝ち点3を得た後、チームは再び、11時からジョアン・ガンペル練習場でトレーニングを行なう。次の試合は、水曜日、セルタ・デ・ビゴ戦になる (20時, C + Liga)

上に戻る