fcb.portal.reset.password

日本行きの前に話すマルク・バルトラ / VÍCTOR SALGADO - FCB

バルサがクラブワールドカップでプレーするために、日本へ出発するまで、後、二日を切った。マルク・バルトラは、バルサTVと公式 サイトに向けて、マルク・バルトラが現在の思いを勝った。バルサは、2009年、2011年に優勝した後、今回、3度目のクラブワールドカップ制覇を目指す。

その前に、ホームでデポルティーボを迎えるが、「日本に行く前に最後の試合に勝つ、それもホームで勝つというのは、エキサイティングだ」とモチベーションが高まると話し、また、日本での大会について、「クラブワールドカップは、一度もプレーしたことがない。バルサが2011年に優勝した時は、まだ、バルサBの選手だったから、選手なら、みんなが立ちたい場所の一つだった」と期待に旨を弾ませた。「クラブワールドカップにいることができるのは、昨シーズン、僕らが優勝を手にしたからだ。優勝すれば、それはすてきなプレゼントになる」と話し、怪我をしたものの、大会に帯同するネイマールについては、「回復して、僕らを助けてくれると思う」との考えを示した。

また、個人的に、バルサの「15番」は、バルサはよくやっているが、道のりはまだ、長いと思っている。「誰も何もプレゼントしてはくれない。何ヶ月もの間、ずっと頭一つ突き出しているのは、簡単なことではない。競合がいるからだ。でも、誰がプレーしようが、チームはきちんと応えている」とバルサの現況について話した。


上に戻る