fcb.portal.reset.password

バルサでの1周年をハットトリックで祝ったスアレス/ MIGUEL RUIZ - FCB

再び、ゴールのエキシビジョンが行なわれた。 ルイス・スアレス は、再び、ゴールを前にキラーであることをエイバル相手にカンプノウで見せつけた。この日は、スアレスにとって、バルサでデビューしてから、ちょうど1年目であり、それを祝うのに、ハットトリックを決めたのだった。試合は、対戦相手が先制したために、難しい状況に最初、おかれたが、スアレスは、まず、同点弾を決め、その後、更に二得点を追加して、チームに勝ち点3をもたらし、順位表で上位にいることを許したのだった。

スアレスは、まさにバルサで1年前にデビューし、記念日を迎えた。10月25日、しかし、2014年のその日、スアレスは、サンティアゴ・ベルナベウでデビューを果たしたのだ。その時以来、57試合に参戦し、全部で 35ゴール -1試合平均0,61 ゴールーをマークした。その中には、6回ものダブルゴールが含まれており、それを最後に決めたのは、ちょうど一ヶ月前のラス・パルマスとの対戦だった。じこの日曜日で、ハットトリックも二度目だ。一回目のハットトリックは、コルドバで決めている。

試合が終わった後、試合の主役となったルイス・スアレスは、テレビの取材に応えて「デビューから、ちょうど1年後に決められたから、このハットトリックは特別なものだ」とコメントした。その一方で、チームの失点については、向上の必要があるとしながらも、「結論としては、負けていた試合で、最終的に僕らが勝ったんだ。もう、次の試合について考えなければならない」と付け加えた。

上に戻る