fcb.portal.reset.password

ルイス・エンリケとジダン / FCB 、 Realmadrid.com

4月2日土曜にカンプ・ノウで行われるエル・クラシコは多くの魅力が詰まっている。その中の一つがルイス・エンリケジダンの初対決。アストゥ−リアス州出身の指揮官とフランス人監督はチーム指揮を担当するようになって初めて直接対決する。

アスルグラナの本拠地スタジアムは両監督の激突の舞台となる。ともに選手として実績を残したあと、ユニホームを脱いだ最後のチームで成功を目指して戦っている。ルイス・エンリケはアスルグラナのトップチーム指揮官として2シーズン目を送っているところで、すでに5タイトルを獲得している。また3度のクラシコを経験している(カルロ・アンチェロッティのレアル・マドリードにベルナベウで3−1、カンプ・ノウで2−1、今季ラファ・ベニテスのチームの0−4勝利)。

一方ジダンは2016年1月4日、上述のベニテスの後任監督として現職についた。ここまでフランス人監督はリーガ12試合を指揮、結果は9勝2分1敗となっている。

象徴的存在だった選手時代

ルイス・エンリケは1996—2004年に渡りアスルグラナ選手、対するジネディーヌ・ジダンは2001−2006年の間マドリディスタだった。ともに選手時代は所属チームで中核を成しており、2001−2004年には7回のクラシコを戦った。ジダンは自身にとってレアル・マドリード最初のシーズンで2ゴールを挙げている(カンプ・ノウでのリーガ対戦1—1、チャンピオンズリーグでの0−2)

ルイス・エンリケもジダンが敵チームとしてピッチに立っていた試合で得点を記録。2002/03季のベルナベウ対戦で同点となるゴールを挙げた(1−1)。


EL CLÁSICO: Luis Enrique vs Zidane por fcbarcelona

上に戻る