fcb.portal.reset.password

バイエル戦でのルイス・エンリケ / MIGUEL RUIZ - FCB

FCバルセロナの逆転勝利はいくつかの特記事項を残すものになった。まずはチームの意思、2番目にイニエスタの怪我。そのいずれもについてルイス・エンリケ・マルティネスは話したが、何より選手たちの努力を讃えている。「自分たちの選手たちの活躍にとても満足している。試合をどう受け取ったらという点でね。彼らは走り回り、1試合ごとに力を出し切っている。より多くの自信に相当する。なぜならその信頼を勝ち取ったのだから」

監督は同時に、もう一人の離脱となるイニエスタの怪我を残念がった。ルイス・エンリケにとってキャプテンの戦線離脱は「もう一つのハンディキャップ。とても悪い知らせ」だが「我々が前進して行くことを証明する」ことに何の疑問も持っていない。「これは私たちが乗り越えなくてはならない、自分たちの進む道にある石。(…)今日チームは不屈の信念を持っていて、そのおかげで我々は勝てた。(…)我々がいる状況は目の前にあるもので、サッカーではすべてがアリ。時に自信により勝利するが、別の場合はハートで、また良いプレーで勝つこともある。はっきりしていることは、今日の結果がこのチームの信念に強さを与える」

試合結果はこのチームの信念を強くする

そのほかアスルグラナの監督は以下の発言をしている。

「今日は我々にとって難しい夜だった。相手は僕らに対して落ち着いてボールを触らせなかったし、良いレベルだった。決定力の点で私たちはいくつかの問題を抱えていたけど、後半はチームがより良くなり、よく集中していた。選手たちが勝ち取ったものにとても満足している」

「チームを十分に信頼できる。なぜならいつでも全力を尽くしているのだから。得点するという点で良いときも悪いときもあるが、気を緩めているなんて事は誰も言うことができない。我々は全員の支えを必要としている」

「チームと選手たちは今やっている事を続けなくてならない。彼らは様々な問題に直面しながらも、とても良い形でやっている」

上に戻る