fcb.portal.reset.password

クラシコ前の会見でのルイス・エンリケ / MIGUEL RUIZ-FCB

「試合が近づいていること、現在の順位、そして取り戻した選手たちとすべての感触はポジティブなもの」と、ルイス・エンリケはクラシコを目前に控えた記者会見で話した。この点でアストゥーリアス州出身の指揮官は「レオ・メッシがプレーするにしろしないにしろ、素晴らしい報せは彼が回復したということ」だとした。

以下、金曜日にルイス・エンリケがした発言の要約

メッシとラキティッチ

「チームに合流してから感触はポジティブなもの。コンディションが回復しチームの流れに乗っている。今日の練習はまだで、どういう状態か見て話をすることになる。彼が100%ではないことは明白だが、我々にとって彼はとても重要な選手で、彼が回復したことは素晴らしい報せ」

「今日、明日とメッシと話をし、1時間前には彼がプレーをするかどうか決めているのは確か。私はすべての選手の練習の様子を見て多くのことを感じ取ることができるが、どういった状態なのか判断するのは選手。レオ・メッシがプレーするかどうかより、素晴らしい報せは彼がすでに回復したということ」

イバン・ラキティッチはレオと同じ状況だが、怪我からの回復期間はより短い。ここ数日彼は我々と一緒に練習しており、彼と話し、 試合前だからあまりフィジカル的なことはしないが、今日の練習での状態を見る。彼はチームのためにとても重要なもう一人の選手」

両チームの状態

サッカーではすべてを誇張する傾向がある。私にとってこの試合は優勝を決定づけるものにはならない。ベルナベウはクレ選手にとって最高の舞台。なぜならファンに最高の形で喜びをもたらすことができるのだから。選手たちを発奮させる試合」

セルヒオの役割

「ブスケッツはとても知性的な選手で、かつてはセンターバックとしてもプレーたこともあるし私にとってボランチとしてのプレーの方が好きだが、サイドハーフとしてもプレーできる。私が率いた中で最も知性的な選手。彼はバルサにとって保険のようなもので、彼を抱えていることは喜び。自分の仕事を全うする。彼は選手にとっての明確な模範


Luis Enrique: "No hay nada más estimulante que... por fcbarcelona

上に戻る