fcb.portal.reset.password

Luis Enrique al Camp Nou, dirigint l'equip contra el Rayo / MIGUEL RUIZ - FCB

バルサの監督は試合について「前半はとても完成度が高く、後半はそれより悪かったが、効率はよかった」と分析した。 

ネイマールには、褒め言葉のみで「素晴らしいし、止められず、ひらめきに溢れ、PKを犯さなければ誰もが止められないほどだった」と表現した。

 ルイス・エンリケは、ラヨバジェカーノと戦うのは、「常に難しい」と話し、「パコヒメネスの率いるチームを前にやりやすかった試合はかつてない」と明言した。".

今週の土曜日、経メスのチームはポゼッションでルイス・エンリケのチームに勝ったが、「ポゼッションは方法であり、それが目的ではない。大事なのはチャンスを生み出し、それを形にすることだ」「バイエルンやセルタ、ラヨバジェカーノといったチームを相手にポゼッションを失うのは、気にならない」とルイス・エンリケは話した。

バルサは、5-2と言う成績で勝ったが、バルサの監督は「前半はよかったが、後半は効率性はあったにしろ、よくなかった」と批判的だった。

ルイス・エンリケにとっては、ディフェンスデータを向上させるためには、「集中力を向上させ、もっと気をつけなければならない」と分析しており、「タイトルをとるためには、ゴールを決めなければならないし、失点を減らさなければならない。私達は今その途上にいる」と説明した。

また、ネイマールが決めた4得点については、「素晴らしいし、止められず、ひらめきに溢れ、PKを犯さなければ誰もが止められないほどだった」と誉め称えたが、同時に残りのフォワードについても忘れることなく、「スアレス、サンドロ、ムニルも良くやっていた」と付け加えた。ここから後はチャンピオンズだ。

 


Luis Enrique: "Nunca he tenido partidos cómodos... by fcbarcelona

上に戻る