fcb.portal.reset.password

記者会見でのルイス・エンリケ / MIGUEL RUIZ - FCB

[[DES_1]]FCバルセロナの監督、ルイス・エンリケは、国王杯準決勝第一レグの前日記者会見を行なった。水曜日の21時から試合はカンプノウで行なわれる。ルイス・エンリケは、目的は非常にシンプルだと説明した。「試合に勝つためには、順を追って勝って行くことだ。この試合の次の目標は、第二レグに勝つことだ」と話した。

「リーグとは全く違う」

また、非常にディフェンシブなバレンシアを前に12月には、1対1とバレンシアを相手にドローに終わったことを聞かれると、「最後のバレンシアとの試合は、参考にならない。ネイビルは到着して数週間だったし、今はもっと進歩している。プレー自体も異なっている」と分析した。私達はあらゆる大会でチャンピオンだ。目標は、全てのタイトルを死守することにある。

また、現況については、1月に続いて2月も多くの試合が控えているが、それについて、「私達は多くの大会で進出できていることを幸せに思っているし、フィジカル面についても疑いの余地はない。結果がそこについてきているのだから」と話した。

国王杯の優勝候補と見られていることについて聞かれると、「私達はあらゆる大会でチャンピオンだ。私達の目標は、全てのタイトルを死守することだ。私達が残っていることがサプライズだとは言えない」と冷静に答えた。

グアルディオラへのコメント

記者会見で、ペップ・グアルディオラが来季から、マンチェスターシティで3年間、チームを率いることになったことを聞かれ、「友達として、サッカーを愛する者として、嬉しく思う。彼のサッカー哲学を生かした魅力的なサッカーをするチームを見ることができるのだから」とコメントした。


上に戻る