fcb.portal.reset.password

記者会見でのルイス・エンリケ / MIGUEL RUIZ - FCB

ルイス・エンリケ は、正午、マラガ戦を前にして、記者会見に現れ、昨年、カンプノウでバルサを制し、リーグ戦で勝ち点1点も与えなかったマラガとの対戦に「昨年の経験が例として生かされなければならない」と話し、「カンプノウでの最初の試合で、こういった昨年の難題を私達が解決できるかどうかを見るのが楽しみだ」とコメントし、「それは私達の挑戦だからだ」と付け加えた。

チームのフィジカル状態についても話し、特におたふく風邪のネイマールについては、「早く回復できる力のあるフィジカルを持っている」としたが、試合当日まで参加できるかどうかは決められないと話した。セルヒオ・ブスケッツに関しても、右足首の負傷について「練習はできたし、いい状態に見えるが、最終的な判断はその状態を見て下す」と話した。最も難しいグループではないが、簡単なグループでもない。

また、記者会見では、今回、MVPを獲得したレオ・メッシとバルサの対戦相手についても聞かれた。監督は、「最も難しいグループではないが、簡単なグループでもない。中でもローマは最も強い。レバークーゼンはドイツのチームらしく、常に難しい」と評した。

最後に UEFAでの表彰について、 「全シーズンにおいて果たしてきた仕事だ。だが、サッカーは常に今を生きなければいけないし、せそれを選手達もわかっている」「来年も同じことが起きて欲しい」とメッセージを送った。

上に戻る