fcb.portal.reset.password

記者会見場でのルイス・エンリケ / MIGUEL RUIZ - FCB

ルイス・エンリケ は、記者会見に金曜日、現れ、ラス・パルマス戦に向けて、前試合のセルタ戦から殆ど、分析する時間もなかったとしながらも、「ビゴでの負けが発奮することにつながればいいと思っている」とコメントした。また、多くの点で向上する必要があると述べ、「私達が見るのは、どのくらい、攻撃チャンスメイクをできるかで判断する。効率性において、通常よりも発揮できなかった」と評した。その意味で、「(ゴール不足は)今だけのデータだと疑っていない。チームはゴールメイクするだろう」と断言した。

監督は、チームはディフェンス面で向上しなければならないことを認めたものの、キーパーを庇い、「個人ミスだと攻撃するのは簡単だが、私達はチームプレーを評価する」「失点はキーパーのものではなく、全チームのものだ」と付け加えた。

最終節に首位の座を失ったバルサだが、「首位以外の座は、私達が望んでいるものではない」といいきり、土曜日の16時からカンプノウで、再び、勝利への道を目指す。また、ジョルディ・アルバとサンドロがグループ練習に戻ったことも伝え、召集リストに入る可能性をシアした。更にセルジ・ロベルトが「中盤の選択として戻る」可能性を示し、「ハーフのポジションで中盤は多くないが、彼はそこでプレーに復帰できる」かもしれないとセルジ・ロベルトの役割を評価した。


上に戻る