fcb.portal.reset.password

記者会見でのルイス・エンリケ/ MIGUEL RUIZ-FCB

ルイス・エンリケ は、50年目を迎えるジョアン・ガンペル・トロフィーの試合に「期待」している。「この試合は、毎回、サポーターと最初に出会う試合だ。常にスペシャルなものだ」と話し、ローマとの試合が「サッカーの祭典になることを期待している。良いレベルでの試合ができるといい」との希望を語った。

また、監督はチームが「チームはプレーレベルで良いガンペル杯、スーパー杯二試合ができて、リーグ開幕が迎えられることを期待している」と話し、プレシーズンに「優」の成績をつけた。「チームレベルでプレシーズンには満足している。(試合成績を考えた際)変に聞こえるかもしれないが、‘優’をつける。ディフェンスレベルで向上しなければならないが、受け入れられるレベルのプレシーズンだった。もう、それが終わり、公式戦が始まる」と話した。

ガンペルのチ

「まだ、誰がプレーするかは決めていないが、スーパー杯でプレーするのと同じ顔ぶれがプレーするのは難しいだろう」
「プレー時間うんぬんよりも、プレシーズンの方に集中している。最初の公式戦がプライオリティだ」

キャプテンの

「選手が決めたことで、私も気に入っているし、マスチェラーノが入ったことは嬉しい」

「キャプテンでなくても、ロッカーチーム内でその声に耳を傾ける選手がいる」.

AS マでの経験

「かけがえのない経験だった。ローマがチャンスを与えてくれたことに感謝している」"

 「大きな変化の年だった。フロント、選手、監督・・・。新たなことを導入したかったし、それに応えられる選手が多くいた。クラブは継続するよう、勧めてくれた」
「もっと、上位にいたかったのはあるが、あの年のとてもいい思い出を手にしている」

セビージャ戦

「エメリーのセビージャは、毎年、選手を放出し、新たな多くの選手を獲得するチームだ」.

「プレシーズンの結果は、一つのエピソードに過ぎない。厳しい試合になるだろうし、私達と競合する試合内容になるだろう」


上に戻る