fcb.portal.reset.password

セビージャの強化担当‘モンチ’に挨拶するルイス・エンリケ / MIGUEL RUIZ - FCB

FCバルセロナ は、トビリシに到着し、宿泊ホテルで休んで数時間後に、セビージャを前に戦う欧州スーパー杯の決勝となるスタジアムに向かった。ディナモ・アレナの芝に足を踏み入れる前に、ルイス・エンリケは、メディアを前に記者会見を行ない、「興味深いプレシーズン」を過ごした後、チームは「タイトルを競うのにふさわしいタイミングでたどり着いた」と話した。. 

ヨーローパスーパー杯は、ルイス・エンリケにとって、期待にあふれるもので、「あらゆる大会制覇は難しい。試合を終えた後、我々の現状を評価することができるだろう。現時点では、試合を制覇するのが目標だ。私達にとって、スーパーカップをプレーすることは、期待あふれることだし、勝利を手にしたいなら、うまくプレーしなければならないと承知している」と話し、「目的は、今やっていることーつまり、タイトルを獲得し続けることーを楽しみ続けることにある」と付け加えた。

セビージャについて

「今年、セビージャが行なった選手の交代にもかかわらず、私達は昨季と似たような方向性のセビージャとぶつかることになる」

「優勝候補の役割は気にしない。最も大事なのは、対戦相手よりも、多くの勝つ要素があるとピッチ上で証明することだ。セビージャは、簡単に倒せないチームだ」

「欠場する選手がいるのは、サッカーの一部だ。両チームとも欠場選手がいるし、その状況を私達は超えなければならない。私達は現況に適応しなければならない」

上に戻る
_satellite.pageBottom();