fcb.portal.reset.password

記者会見でのルイス・エンリケ/ MIGUEL RUIZ-FCB

今週末、リーグ戦首位をかけたアトレティコ・デ・マドリードとの試合が、ホームのカンプノウで行なわれる。その試合について、ルイス・エンリケは、「タイトル争いをする相手との直接対決は魅力的だ」と前日記者会見で話した。また、「ゴールアベレージで勝つ」ためにも、試合は大事だとの考え方を示した。

前向きな流れ

国王杯の準決勝進出を手に、自信をつけてバルサはアトレティコとの対戦を迎える。アトレティコ・デ・マドリードは、国王杯はセルタを前に敗れたばかりだ。ルイス・エンリケは、「常に勝った後、こういった試合を迎える方がいい。1敗が決定的になることはないが、この試合はそれよりも、非常に重要性のあるものだ」。「勝つためには、第一戦同様にプレーしなければならない。私達の最高バージョンを見せる必要がある」と説明した。.

試合には、ネイマールJrとジョルディ・アルバが戻ってくる。「練習に問題なく、普通にできている」と話し、また、アルダ・トゥランについては「ボールを持つことを好む選手だ。彼の私達のプレースタイルへの適応がよいから、それができる」と評した。 

また、今朝、行なわれた国王杯準決勝の抽選の結果、バレンシアと対戦することになったことについて、「大会のこのレベルでは全てのチームがハイレベルにある。容易ではない」とコメントした。

上に戻る