fcb.portal.reset.password

アーセナルスタジアムでの前日記者会見を行なうルイス・エンリケ / MIGUEL RUIZ - FCB

アーセナルスタジアムのピッチで、FCバルセロナは、再び、チャンピオンズリーグのテーマソングを効くことになる。欧州で最も知られているチームが、対戦相手だ。現チャンピオンのタイトルを持っているバルサは、まずは、ロンドンに結果を求めに行く。「アーセナルのような敵をコントロールするには、我々はボールがあろうがなかろうが、うまく試合を運ばなければならない」と試合前日記者会見で話したルイス・エンリケは、「欧州の中でも最も優秀なチームの一つの敵地で、最高の雰囲気とピッチの状態にも恵まれた中で、プレーすることになる」ことが十分なモチベーションになっていると話した

ルイス・エンリケは、FCバルセロナが有利だと言われていることについて、チームは地に足がついていると明言し、「私達が有利だと言われることは、受け入れるが、以前、達成したことは、今、ここでは何の役にも立たないこともわかっている。私達は有利といわれるだけのものを毎分、証明していかなければならない。この大会の、とりわけ、アウェーでの難しさを私達はよくわかっている」と話し、気を引き締めた。私達が有利だと言われることは、受け入れるが、以前、達成したことは、今、ここでは何の役にも立たない。

アーセナルは、バルサと煮たボールを手にするプレースタイルを持っているが、ルイス・エンリケは、「敵地でプレーし、そこで私達のサッカーを見せられることを期待している」と話し「アーセナルは、試合を支配するポテンシャルを手にしているし、タフなライバルだ。危険な前線を手にしている」とつけ加えた。

また、この機会に再び、自身の選手に賛辞を送り、「唯一無二のレベルを持っている選手達と共にいることができて、私は最高に満足している。三日ごとに勝利に再び、向かって行く意欲を見せてくれる」と話し、「私は世界一のフォワード陣を手にしているし、それを率いるのはとても簡単なことだ。なぜなら、困難な状態を乗り越えるに十分なクオリティを持っているからだ。だが、それはトリデンテ岳ではなく、チーム全員がそうだ」とつけ加えた。また、現在のレオ・メッシのレベルについて、「昨年のリサイタルと今年は同じかそれ以上をいっている。今は、サイドでプレーしているが、彼は好きに動いて、数的有利な状況を生み出す自由を手にしている」と其の役割について説明し、「彼は私達のリーダーだ」と評した。

 


Luis Enrique: Our aim is to retain the... by fcbarcelona

上に戻る