fcb.portal.reset.password

アトレティコ・デ・マドリード戦でのルイス・エンリケ / MIGUEL RUIZ-FCB

ルイス・エンリケは、「常に向上の余地は残されているが、多くのポジティブな面があったことに満足して去る」とアトレティコ・デ・マドリードとのカンプノウでの試合(2-1)後の記者会見で語った。この勝利は、バルサに勝ち点3を与えたが、「おかしなスタート」を切った。なぜなら、バルサは「全てにおいてキレがよかったわけでなかったが、勝つことを知っていた」からだとバルサの監督は説明し、「チームが行なった仕事内容と苦しみながら結果を出すそのキャパシティ」に満足しているとつけ加えた。

バルサは、試合の殆どを数的有利な状態でプレーしたにもかかわらず、アトレティコ・デ・マドリードは、バルサに苦しい時間を与えた。「後半の目標は、試合の片を付けることだった。出来る限り、早く始末をつけたかったが、ボールを手にすることを許してもらえなかった」と話すルイス・エンリケは、バルサの追加点を決めたルイス・スアレスについても「ルイス・スアレスは、非常に完成度の高い選手だが、それでも尚、向上した。私達に多く恩選択しを与えてくれる」と評した。

この土曜日の勝利は、バルサを単独首位に押し上げたが、ルイス・エンリケは、まだ、決定的な勝利ではないと主張し、「この試合が大事だったのは確かだが、全てのライバルに難しさがあるし、リーグ戦はまだ、たくさん残っている」と話した。

 

上に戻る