fcb.portal.reset.password

スーパーカップ決勝第二レグでのルイス・エンリケ / MIGUEL RUIZ - FCB

 ルイス・エンリケ・マルティネスは、FCバルセロナの監督として、最初のタイトルを落とした。そういったあらゆる状況にも関わらず、監督は選手達の努力を評価したいと話した。「チームはとてもよかった。長い間、私達は相手に疑問を抱かせ、相手に恐れを抱かせ、それは膨らんでいった。それがこの試合で最初に求めていたものだった。私達は競い合い、見事な努力をした」と話した。

また、「決勝は、ピケの退場で終わった」ことも認め、アスレティックの「その効率の良さ」を誉め称え、時折は「勝つのがどれだけ大変か知るのに負けるものいい」ことだと明言した。

二つものスーパーカップのタイトルを狙わなければならなかったタフな一週間の努力の後、FCバルセロナは、週末にはリーグ戦をスタートする。ルイス・エンリケはプレシーズンを終えて、次なる目標へ向かうことを望んでいる。

「私達は一致団結した競争力のあるグループだ。ここから激しいリーグ戦がスタートするが、私達は楽観的だ。難しいだろうが、私達はサポーターに喜びを与え続けたいし、世界中の手本であるチームであり続けたい」との目標を語った。

 

上に戻る