fcb.portal.reset.password

カンプノウで今季、最初の試合を率いるルイス・エンリケ / MIGUEL RUIZ-FCB

今季、カンプノウで行なわれた最初の記者会見で、ルイス・エンリケは、チームのディフェンス面の向上に満足していると話した。「私達はプレシーズンの最初と比べてずっと良い」「これが目標だ。もし、ディフェンスが鉄壁でなければ、タイトルを獲得することはできない」と監督は、強調した。

ルイス・エンリケは、チームは、「チームは今の時期にしては、期待していたより普通のレベルにいる」としながらも、「100%にはほど遠いところにいる」と認めた。「私達はもっとボールを手にしようとするプレースタイルを持っている。良い感触は得ている。というのは、私達が慣れている試合のシチュエーションが繰り返されたからだ」と付け加えた。

また、ルイス・エンリケが満足を覚えたもう一つの点は、全選手が示したプロフェッショナル性だった。また、ネイマールJrやブラボは、最近になって戻ってきたが、「バケーションの間も、トレーニングプログラムがあるし、食事にも気を遣う。よりよい状態でくれば、良い状態を取り戻すのがより早くなるとわかっているからだ」と話した。

また、 ASローマのプレー内容については、「とてもレベルの高いチームであり、良い内容の試合になった」と評した。 


Luis Enrique Press Conference por fcbarcelona
上に戻る