fcb.portal.reset.password

カンプノウ、セルタ戦での試合中のルイス・エンリケ / MIGUEL RUIZ - FCB

バルサは、日曜日にカンプノウでセルタを前にゴールリサイタルを披露した。今回、バルサの目標は明らかだった。対戦相手を上回り、無敗記録を更新−30試合連続無敗—し、1部の首位のポジションをキープすることにあった。ルイス・エンリケは、試合後の記者会見で、「セルタを前に容易な試合はないし、このチームを破るのは難しいが、今回、私達は最高だったし、効率的にプレーができ、彼らを上回った」 と話し、「私達の選手は、明確なゴールチャンスのあるシチュエーションでは、相手を上回ることにかけては唯一無二だ。彼らのおかげで、私達は勝利を手に入れた」とつけ加えた。

チームは、メッシのゴールで先制点を決めたものの、同点のスコアでハーフタイムを迎えたが、その後、スペクタクルショウが後半に待ち構えていた。「私は、この選手たちが、練習ではよりすごいことをするのを見るのに慣れている」と話したルイス・エンリケは、「試合で、全選手が参戦したことが重要だし、この勝利で更に力を得て、私達はみな、とても満足している」と話した。

3人組が6点中5点-スアレスのハットトリックに、メッシとネイマールが各1点ずつ—を決めたこと、また、メッシとスアレスが4得点目を決めたコンビネーションプレーのPKを決めたことについて聞かれると、「バルサの選手は、タイトルを制覇するだけでなく、ピッチで楽しみ、ソシオをスポーツマンシップにのっとって、楽しませるショウを行ないたいと思っているんだ」と説明した。

 

上に戻る