fcb.portal.reset.password

ルイス・エンリケ、カンプノウでのアトレティコ戦にて / MIGUEL RUIZ - FCB

バルサは、チャンピオンズリーグ準々決勝第一レグでアトレティコ・デ・マドリードを前に貴重な勝利を手にした (2-1)。ルイス・エンリケは、「アトレティコ・デ・マドリードと戦うことがいかに困難かということに評価しなければならない」と話し、アトレティコは、「ディフェンス面で非常によく組み立ててられているチームで、彼らと戦うには、プレーが非常にスムーズでなければならない。その点で、前半は正確性に欠けた」と振り返った。

その意味で、ルイス・エンリケは、チームが後半、リアクションを起こしたことについて、「ハーフタイムに、私達はポゼッションをとって試合をコントロールし、少ないボールタッチで、スペースを攻め、ボールをスピーディに回しながら、ディフェンスを越えなければならないと話したのだが、それが最高にうまくいった」と説明した。また、「選手が情熱を持ってプレーしつつも、冷静さとコントロールを失わない様子が伺えた」とつけ加えた。

合について

「私が監督になってから、私達は全ての大会があれば、必ず、試合に勝つべきだと考えながらプレーし、進出してきた。勝つために第二レグも準備するし、再び、ビセンテ・カルデロンでプレーするのを楽しみにしている」

「後半を見る限り、私達は、もっとゴールを決めるメリットを得ていた。私は自身の選手と共に世界の果てまで行く。私達は再び、他より優れていることを示したいと思っている」.

ラフィニャのカムバック

「ローマでの試合の後、今季は絶望かと思っていたが、バルサのメディカルスタッフは、素晴らしい仕事を行なった」

「彼の復帰は素晴らしいニュースだ。なぜなら、ラフィーニャは、特別な選手で、他と異なり、わずかなスペースでプレーでき、ゴールが決められ、ボールの扱いがうまく、プレーしたいという気持ちであふれている選手だからだ」

 


Luis Enrique: “We are looking forward to... por fcbarcelona
上に戻る