fcb.portal.reset.password

ルイス・エンリケ / Photo Miguel Ruiz

FC バルセロナは、アスレティック・クラブを前にスペインスーパーカップの第一レグをビルバオにて惨敗した (4-0)結果、月曜日の夜、カンプノウでタイトルを手にするためには、大逆転を余儀なくされている。「今日は私達のベストバージョンを提供することができなかったし、多くの箇所で運にも見放された」とルイス・エンリケは、記者会見で試合を振り返った。

「まだ、カンプノウでの試合が残っている。もし、4-0 の結果をひっくり返せるチームがあるとすれば、それはバルサだ」と話し、「試合を分析し、問題がどこにあるかを見つけ出し、ミスを修正し、月曜日の試合では早い時間にゴールをマークすること」が逆転の鍵になるとその計画を明かした。

「ジョージアでの試合後、三日後という状況で、私の選手をベンチに置かなければならなかった」と、今回の試合のスタメンの顔ぶれが5人変わった理由を説明した。

「月曜日の夜は、ゴールをマークするためのあらゆるチャンスを利用するだろうし、あらゆるボールを争いに行くだろう。さっきも言ったように、もし、それができるチームがあるとすれば、それはこのバルサだ」と記者会見で繰り返し、その決意を語った。

上に戻る