fcb.portal.reset.password

アスレティック・クラブ戦でのルイス・エンリケ / MIGUEL RUIZ - FCB

「エキサイティングな試合だった。この2チームがやったことは大きなメリットがある」とルイス・エンリケは、アスレティック・クラブとの準々決勝について話した。バルサは、アスレティック・クラブを相手に勝利をあげ(3-1)、この勝利は、国王杯準決勝進出を意味するものだった。「サッカーのように複雑なスポーツにおいて、どうしてこうなったのかを説明するのは難しい」 とこの「要求度の高い」試合について、表現したルイス・エンリケは、非常に困難な状態に陥った中で、手にした進出に満足を示した。

バスクのチームは、カンプノウでの試合に対して、非常にはっきりとしたプランを立ててきた。それが功を奏し、バルサは、通常の試合を行なうことができなかった。「アスレティックは、いつも高い要求をつきつけてくる。前半はプレーさせて貰えなかった」が、ハーフタイムを過ぎて、バルサは向上をみせ、そこから、逆転への道が開かれた。「私達は、試合が窮地に陥った時に、適度な解決策を見いだすことができた」と分析した。

この水曜日の勝利で、バルサは、今月、アスレティックと行なった3試合—リーグ戦1試合、国王杯2試合—を終えた。「常に自分のスタイルに忠実だ。私達は彼らに3試合とも勝ったが、それは非常に難しいことだ」と評した。

 

上に戻る