fcb.portal.reset.password

ラヨ戦でのルイス・エンリケ / MIGUEL RUIZ - FCB

FCバルセロナが再び勝利、連続無敗を35に伸ばした。チーム・アスルグラナはラヨ・バジェカーノとの試合のあとスペイン記録を新たに達成したが、ルイス・エンリケはシーズン終盤にあることが大事との見解を改めて示した。「我々が何を勝ち取るのか、何に相応しいのか見て行くため待たなければならない。一番良いところ、最も素敵な部分が近づいている 」

バジェカスでの試合についてアストゥーリアス州出身の指揮官は「すべてを気に入った」とし、チームの取り組みの姿勢を取り立てた。「我々は最高の形で試合に入って行った。取り組みの姿勢をもってチャンスを作り、試合が危険な状態になることはなかった。このチームがこれだけの決定力と激しさを持っていれば、我々にストップをかけるのはとても難しい」

さらにルイス・エンリケは以下の点について話した:

ブラボとトリデンテ

「ラヨのような個別のマークを付ける守備タイプのチームと対戦するとき、ブラボは唯一フリーになる選手で、ロングパスからプレーを作って行くことができる。私たちにとってすごく大事なこと。我々はアタッカーがチャンスを作るよう狙っていた。なぜなら前線の3選手(メッシ、ネイマール、ルイス・スアレス)の動きはカギになるものだったから」

PKについて

「我々が改善しなければならない側面であることは明らかだが、試合の大勢が決まったあとに起こるのだったらそれほど気にすることではない」


Luis Enrique: The best is yet to come by fcbarcelona

上に戻る