fcb.portal.reset.password

サンチェス・ピスファンでのルイス・エンリケ/ MIGUEL RUIZ - FCB

サンチェス・ピスファンでの90分のあと会見でルイス・エンリケ監督は「たくさんの得点チャンスを作った試合。1得点だけでここを去るのはほとんど信じられないこと」と話した。もっともアスルグラナの監督は「相手は後半の10分で私たちを破った。セビージャは掴んだチャンスを有効に生かした」とした。

「その取り組み、試合結果からセビージャを祝福しなければならない」とルイス・エンリケ。バルサはカウンターからたくさんのチャンスを手にしたが監督は「我々のプレーはより試合をコントロールするところから始まる」と説明した。作ったチャンスについて、アスルグラナの監督は「我々は最高の数字を出してはいないが、今後の数試合でこういった状況は変わると確信している」と明言した。

会見でアストゥーリアス州出身の指揮官は同顔合わせで結果は前回対戦のスーパーカップの方が良かったが、プレー自体は今回の方が両チームは「勝つため、より多くのポイントを掴むため」により魅力的に戦ったとした。



上に戻る