fcb.portal.reset.password

メッシ、決勝のMVPへ / MIGUEL RUIZ-FCB

アルゼンチン人クラックは、ディナモ・アレナでのベストプレーヤーに選出された。メッシは、欧州スーパーカップ史上の最多得点王に並んだ。E 


バルサの'10'番がフリーキックから、1試合で2回、ゴールを決めたのは初めて。­ 

メッシの頭文字 M は、MVPの頭文字でもある。バルサの '10'番は、トビリシで行なわれたベストプレーヤーに選出された。­­­ メッシは、再び、ピッチでサッカーのエクスビジョンを見せた。FCバルセロナのジョージアの初訪問で、メッシは、フリーキックを2回、突き刺した。世界一の選手がいまだかつて、行なっていなかった挑戦の一つだったが、それを行なうのに15分間も必要としなかった。3度目もフリーキックから、決める寸前だった。延長戦後半で、ペドロが試合を5-4にする寸前のことだった。

最終的には、鍵となった2得点を決め、バネガが決めた先制点をひっくり返す役割を果たしたこのゴールで、メッシは、キャリアで18回、フリーキックから直接、ゴールを決めたことになった。

また、欧州スーパー杯の最多得点王ランキングにも、名を連ねることになった。大会で3得点を決めたラダメル・ファルカオその他4人(Oleg Blojin, Gerd Müller, Rob Rensenbrink , François van der Elst)と肩を並べることになった。

セビージャに24ゴール

また、セビージャがゴールを決めるのに得意としている犠牲者であることが、新たに認められた。このアンダルシアのチームを前に、メッシは合計24ゴール (リーグで19、スペインスーパー杯で3、欧州スーパー杯)を決めており、その数は、アトレティコ・デ・マドリードよりも、1得点多い(23)

試合後のレオ・メッシコメント:
「チームは最初の60分間、素晴らしい試合を行なった。僕らはボールを手にしていたし、プレーを生み出していた。点差をつけてプレーしたのに、その後、リラックスしてしまい、試合は難しい状況に追い込まれたが、最終的に勝つことができた」

「最も大事なことは、良いスタートをきるために、このスーパー杯を勝って始めることができたことだ。この後、ビルバオとのタイトルが待っている。このタイトルをとるのに苦労したからこそ、重要だと思っている」


上に戻る