fcb.portal.reset.password

パラグアイ戦でプレーするメッシ / AFA

コパ・アメリカでプレーするメッシ / www.ca2015.com

ブラジルワールドカップ決勝で敗れ失望を味わって1年、レオ・メッシ、ハビエル・マスチェラーノアルゼンチンコパ・アメリカ準決勝でパラグアイを6−1で下し、決勝でクラウディオ・ブラボチリと対戦することになった。「僕らは早い時間帯に得点し、そうすることでスペースが生まれた。相手が得点したときも僕らは同じやり方でプレーを続けた。こういうプレーをしたらたくさんのチャンスを作れるって僕らは分かっていた」と試合終了直後、アルゼンチン人フォワードは話した。

準決勝に到達するまでアルゼンチンは4ゴールしか挙げていなかった。「ここまでの試合は接戦でギリギリの戦いだったけど、最初のゴールが決まればその後もっと入ると思っていた。試合前にそのことを僕らは話していた。得点がなかったのは偶然だった。だって僕らは良いプレーをしていたんだから」と、アルゼンチンのキャプテンはコメントした。

得点はなかったが、メッシは3アシストのほか‘アルビセレステ’のすべてのゴールに影響を与えアルゼンチンの勝利に決定的な存在になった。「できることなら決勝で得点したいけど、僕だろうとチームメイトのゴールだろうとどうでもいい。大事なのは決勝進出という最初の目標を達成したこと。僕らはワールドカップのあと大きな希望を持っていて、勝利したい意欲がある」とアスルグラナのクラックは話した。

 

上に戻る