fcb.portal.reset.password

イニエスタ対トッティ / FCB

50回目を迎えるジョアン・ガンペル杯で、FCバルセロナはローマを相手に戦う。そこで二人の象徴的な選手、アンドレス・イニエスタとフランシスコ・トッティが初めて出会うことになる。ピッチの上での比較に話すべき共通点は数多くある。その優美なプレースタイル、一つのクラブへの忠誠心、リーダーシップをとれるキャプテンであることなどが共通項だ。

31 才になり、シャビ・エルナンデスが去った後、イニエスタは、バルサの第一キャプテンとなった。既に公式デビューしてから13年目であり、長期に渡ってマシアに在籍してきた。ミゲリと共にクラブ史上、最も多くの試合をこなしてきたランキング3位の選手だ。 (549).

その優美なプレースタイルとプレービジョンに特徴があり、バルサスタイルの代弁者だ。バルサの勝利全てに関わって来た。4回のチャンピオンズリーグ制覇も手にしている。

トッティ、13年ぶりのカンプノウ

ローマにとって、フランシスコ・トッティを話すことは、セレブリティについて話すことだ。通称は、イル・カピターノ。39才を迎える寸前だ。ローマのユニフォームを着て500試合をこなしている。1993年に17才でデビューし、カリスマとゴールの同義語だ。サッカーでの最高の成功は、 2000/01年に収めている。

アンドレス・イニエスタとフランシスコ・トッティは、スペインとイタリアの代表選手だが、一度もクラブレベルでは対戦したことがない。とはいえ、トッティはカンプノウでプレーすることを知っている。 2001/02年のチャンピオンズリーグにおけるグループリーグでやってきたからだ。トッティは、その試合で81分間プレーし、試合は1対1のドローに終わった。.

上に戻る