fcb.portal.reset.password

89年の決勝から、ミランとバルサは9回、決勝で戦い、両者あわせて9回のトロフィーを受賞している。 / FCB

欧州スーパー杯の歴史は、1973年1月16日に始まった。ヨハン・クライフ、ヨハン・ニースケンスなどが揃うアヤックス・アムステルダムは、1972年の欧州チャンピオンカップチャンピオンであり、一方、同年の UEFAウイナーズカップチャンピオンのグラスゴーレンジャーズ が対戦相手となった。試合は、クラブの百周年記念を祝い、行なわれ、グラスゴーでアヤックスが 1−3と勝利を収めた。アヤックスの首都のオリンピックスタジアムで行なわれた第二戦は、クライフのアヤックスが3-2でホームチームに勝利をもたらした。

アヤックス対ランジャースのアイコン的試合を UEFAは、公式トロフィーの名を与えなかった。欧州スーパー杯最初の公式戦を認めなかったのは、 1972年のウイナーズカップの決勝でサポーターが起こした騒ぎが原因となり、グラスゴー・レンジャーズは1年間、欧州の試合に参戦することを禁止するとの処分がとられたためだ。それによって、欧州スーパー杯の公式タイトルは、アヤックスに与えられたが、それはホーム&アウェー戦で、アヤックスが ACミランを合計 6-1で破った後、 1974年1月に行なわれた決勝で与えられた。

1973年から 1999年まで、欧州スーパー杯は、チャンピオンズリーグー1992年までの欧州杯—とウイナーズカップの王者間で行なわれ、その後、現在までは、UEFAヨーロッパリーグ王者と対戦する形をとっている。

欧州スーパー杯は、1997年までホーム&アウェーの2試合形式で行なわれ、その翌年から2012年の夏までは、モナコのスタッド・ルイ・ドゥで行なわれた。そこでペップ・グアルディオラの率いるFCバルセロナは、二度に渡り、チャンピオンとなった。 2009 年と 2011年のことだった。

バルサ、記録まで後1タイトル

現在、バルサは、4回、スーパー杯を制覇しており、ACミランの記録と並ぶまで後、1タイトルと迫っている。ミランは、史上、5回のトロフィーを手にしており、大会史上、最も誉れ高いチームだ。 バルサは11日の決勝でセビージャFCを相手に同じ高みにのぼるチャンスを手にしている。スペインリーグのチームは11回、この大会のタイトルを手にしている最多タイトル制覇リーグであり、決勝には20回進出している。また、39回行なわれた欧州チャンピオンの決勝中20回に参戦している。一方で、ウイナーズカップ / UEFA / ヨーロッパリーグでは、19回、それ以外のチームが決勝を制している。

行なわれなかった決勝

欧州スーパー杯が創設されてから、3回、決勝が行なわれなかったことがある。1974年のバイエルン・ミュンヘン対FCマグデブルグ、 RFA とRDAのチームの決勝は、政治的理由で行なわれなかった。 1981年リバプールはディナモ・トビリシと対戦するための日程が見つからず、一方で、  1985年のユベントスとリバプールとの試合は、ヘイゼルの悲劇により、行なわれなかった。

上に戻る