fcb.portal.reset.password

ロビーニョ、パウリーニョ、スコラーリがライバル候補

クラブワールドカップに参戦するのは、6度目だ。FCバルセロナ、リベルプレート(アルゼンチン)、クラブ・アメリカ(メキシコ)、マゼンベ(コンゴ)、オークランドシティ(ニュージーランド)の参戦チームについて、アジアのチャンピオンとして、広州恒大が加わることになった。.

この中国のチームは、どこにでもあるチームではない。ロビーニョやパウリーニョといった世界的ネームのあるチームであり、歴史的な監督がベンチに座っている。ルイス・フェリペ・スコラーリだ。もし、広州恒大がクラブ・アメリカを破れば、バルサはこのチームと準決勝で対戦することになる。

中国での倒的

この広州のチームは、もう何年にも渡って、国内を支配している。最近、5年間の中国スーパーリーグを制し、今年は大会の理想イレブンのうち、7人がこのチームから選出された。その中のベストプレーヤーは、ブラジル人のリカルド・ゴウラート、19得点を決めて最多得点王に輝いた。

5回目の国内スーパーリーグを制覇するのは、見た目ほど簡単ではない。6月にチームは、他の2チームと争っており、ファビオ・カンナバロの後を次いで、スコラーリがチームの手綱を取ったのだった。その数週間後、ロビーニョとパウリーニョが戦力としてやってきた。2015年のアジアチャンピオンズは二人にとって忘れられないものとなった。

アジアのベストチームになることも、容易ではない。そのためには、かなり、互角に準決勝を戦った(2-1、0-0)ガンバ大阪と決勝では、たった1点差でアルアハリ(UAE)を制する必要があった。

クラブワールドカップの参戦は、二度目になる。2013年には4位で終わった。今回は、その順位を超えることが目標だ。見知った顔と多く出会うことになる。


上に戻る