fcb.portal.reset.password

セルタ戦で話すメッシとスアレス/ VICTOR SALGADO - FCB

FC バルセロナ は、セルタを前にカンプノウで完勝したが (6-1)、中でも、レオ・メッシとルイス・スアレスは、その魔法がかったプレーで決めたPKにより、再び、サッカー史に足跡を残すプレーをみせて、試合の主役になった。試合の後、ネイマールは、「練習したプレー」だったと明かし、ジョークにあふれた表情で、実は‘彼のため’に用意したプレーだったことも合わせて明かした。 

FCバルセロナは、このPKに名前をつけるキャンペーンをスタートした。是非、あなたの意見をお聞かせください。ご意見は、公式Twitter (fcbarcelona_es) 、 facebook.com/fcbarcelona または、インスタグラム (fcbarcelona)のアカウントまで。

この歴史的なPKについて、世界中のメディアが報じた。その見出し一覧は、下記のとおり。

国内スポ

'スポルト' トータル・ショウ

「バルサは、クライフのようなPKを生み出したメッシのマジックで精彩を放つ」


'ムンド・デポルティーボ' あふれる愛情

バルサは、後半、3人組がゴールを決めて、記憶に残るサッカーをm清田。ルイス・スアレスはハットトリックを決め、残りは、メッシ、ラキティッチ、ネイマールの作品となった」


'ル・エスポルティウ'紙 想定外

「バルサはセルタを前に後半、手綱から放たれたようなトリデンテを中心に、ゴールフェスティバルを披露し、メッシとスアレスのコンビネーションで、クライフへのオメナージュが行なわれた」


' アス' メッシ、クライフのPKを再生

「メッシはリーグ戦の300ゴール目を法規して、最多得点王のルイス・スアレス(23)に更に点を与えた」

上記と別に、見出しに「メッシは完璧な台風を呼び込んだ」と記し、「歴史的PKを含む1得点3アシストで、再び、メッシクリニック オランダ人の師匠が行なったようなプレーを真似して、自分で蹴る代わりにスアレスにパスを出した」と表現。


'マルカ' すごいの一言

メッシはクライフの行なったPKでオメナージュを行ない、周囲の尊敬と批判の両方を得た。もともとは、ネイマールが蹴るはずだった。後半の MSNのリサイタル、ルイス・スアレスのハットトリックで、再び、最多得点王になった。

メディアサイト

‘スポーツ・イラストレイテッド’: メッシ、ルイス・スアレスのハットトリックマークに一助

「メッシは2得点目を決められるチャンスがあったが、シュートする代わりに、スアレスがシュートできるように、ボールを右に出した」 とPKについて伝えた。


ルキップ’: メッシとスアレスのカップルがセルタでPKをマーク

「メッシは、スアレスに向かってパスを出した。バルサの攻撃選手は、ピレスとアンリが11年前にできなかったことを達成した」と話し、メッシのフリーキックは、「芸術作品」だったとつけ加えた。


ガゼッタ・デ・ラ・スポルト: PK込のメッシ、スアレスのスーパープレイ

バルサは楽しみ、苦しみ、最後には器用さとファンタスティックな性格を合わせ持つメッシのおかげで、ゴールリサイタルを披露し、精彩を放った。


BBC スポーツ: 素晴らしいPKを見せたメッシとスアレス

アルゼンチン人とウルグアイ人は、コンビネーションからPKを決め、セルタを前にゴールリサイタルをみせ、チームをリーグ首位にし、更に勝ち点3を手にいれた。


CNN スポーツ: レオ・メッシ、リーグ戦での300ゴールをパス

「PKを放つ可能性とリーグ戦で300得点目を決める可能性のある中で、メッシは驚くべきアクションを起こした。メッシがルイス・スアレスに直接、ボールを譲り、カンプノウでの試合で、ハットトリックを与えたのだ (6-1) ここに30試合連続無敗記録が生まれた」  


ザ・ガーディアン: ルイス・スアレス、セルタを前に、ハットトリックをフェスティバルスタイルでマーク

イギリスの新聞社は、特にスアレスの活躍を中心に伝えたが、「レオ・メッシがペナルティを譲り、ハットトリックを幇助した−メッシにとっては、リーグ戦の300得点目になるはずの得点でありーバルサは、6-1で試合を終えることになった」


オレ: レオが決めた最も変わったPK

「スコアは3-1だった。メッシがそこで贅沢の限りを尽くしたPKをバルサ-セルタ戦で生み出した。対戦相手のGKの前で」バルサの‘’10番"は止まった。ゴールを増やしたいというエゴ?そういったケースではなかった。レオは周囲を脅かし、初めて、ゴールの代わりにパスを出したのだ。世界一の選手が放った最も奇妙なペナルティキック。左足で出したパスは少しずつ、右にそれ、チームメートのスアレスが突き刺したのだった」 


上に戻る